いつまでも元気に歩くため

関節

カルシウムの重要性

中高年の方の中には、歩くと膝が痛むようになったという方は多いのではないでしょうか。特に階段の降りがつらいという声を多く聞きます。若い方でもスポーツを日常的にしている方には、膝の関節痛に悩んでいます。なぜ関節痛は起こるのでしょうか。主な原因は、関節の間にある軟骨の摩耗と言われています。スポーツによる負荷や日常的に関節を使うたびに、軟骨がすり減っています。また加齢と共に、軟骨に栄養が行きわたらなくなり、回復が追いつかなくなっているのです。そこで、サプリメントを摂取することで軟骨の回復を促すことが出来ます。軟骨の主な成分はカルシウムとコラーゲンです。どちらも、食べ物から摂取することが可能ですが、日々の食事では十分に栄養を補えていないと考える方は、サプリメントに頼ることも手段の1つです。カルシウムとコラーゲンの両方の成分を含んだサプリメントが市販されているので、そちらを利用されると、関節痛予防や対策に便利かと思います。コラーゲンのもととなるアミノ酸などもサプリメントとして販売されているので、そちらを試されても良いと思います。また、カルシウムの吸収を助ける栄養素として有名なものはビタミンDです。ビタミンDのサプリメントもありますので、同時に摂取された方が効率が良いでしょう。カルシウムの摂取は、関節痛に効くだけでなく、骨粗しょう症の対策にもなります。そのため、これらのサプリメントは骨が弱りやすい女性に特に人気です。