女性らしさを取り戻す

服用

長期服用で効果が増大

閉経すると女性ホルモンのエストロゲンの分泌がなくなり、肌のハリが失われたり、骨の密度が下がって骨粗しょう症や動脈硬化といった症状が出やすくなります。いわゆる更年期障害と呼ばれる症状は人によって重い人もいれば、軽い人もいます。症状が重い人も軽い人もどちらもエストロゲンが減少しているのは変わりませんが、この両社の違いはエクオールの違いだということがわかりました。エクオールは大豆製品を食べると腸内細菌によって作り出されますが、エクオールを作り出す腸内細菌を持っていない人はエクオールを作り出すことができません。更年期障害が重いと感じている人は、体内でエクオールを作り出せていない可能性が高いので、エクオールサプリを飲んで直接エクオールを摂取するとよいでしょう。エクオールサプリの摂取を続けていると更年期障害が改善されたという学会発表があり、それも長期間エクオールサプリを飲めば飲むほど改善の度合いや改善率が向上することがわかりました。発表によるとエクオールサプリ服用開始から3か月たつと有意な改善効果が認められています。特に動脈硬化に対して改善効果が大きいことが確かめられています。エクオールを体内で作れる人であっても、毎日大豆製品を食べ続けることは難しいため不定期であってもエクオールサプリでエクオールを追加するとよいでしょう。エクオールサプリの目安量はエクオールが10mgを一日で摂取することを目標としてください。